読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ株投資入門

アメリカの株式に投資をしてみたい!けど、よくわからない!というアメリカ株初心者向けのブログです。

ダウ平均株価を構成するアメリカの企業(製造業 IT・コンピュータ・通信)

ダウ平均株価とは

ダウ平均株価とは、日本でいう日経平均のような、アメリカの代表的な株価の指標です。ダウ平均株価は、実はいくつか種類があるのですが、有名でよくニュースになっているのは工業株30種というものです。

 

アメリカの代表的な企業

このダウ平均株価の動きを見ることも大事なのですが、ここでは、この指標を構成するアメリカ企業を見てみようと思います。

 

日本の企業でもそうなのですが、普段ニュースで見ない会社や買い物で見かけない会社のことは、大手の企業でもで名前すら知らないとういことはよくあります。

 

名前も知らない企業に投資しようとはなかなか思えないものです。

 

ですので、まずはダウ平均株価を構成する企業を紹介してみようと思います。

知っている企業もあれば、全く聞いたこともないようなところや、意外なところもあるかもしれません。

 

ダウ平均株価(工業株30種)の構成企業

ダウ平均株価を構成する企業は、定期的に見直されています。以下の企業は2017/4現在のものです。まずは、製造業・IT・コンピュータ・通信関係の企業から紹介します。

 

製造業

ボーイング

世界最大の航空機メーカーです。

ジャンボジェットのボーイング737や787が有名です。

 

キャタピラー

建設機械やディーゼルガスタービンエンジンなどを製造する大手重機メーカーです。

 

デュポン

化学製品の大手メーカーです。

世界初の合成繊維であるナイロンを開発したのはデュポンです。

 

3M

化学製品の大手メーカーです。

さまざまなものを作っていますが、身近なものでは付箋紙の代名詞「ポストイット」は3Mの製品です。

ポストイットが有名すぎて、付箋紙のことをポストイットと呼んでしまいますが、実際には3Mのブランドです。

 

P&G

世界最大の日用品メーカーです。日本でもよくパンパースやマックスファクターのCMをやっているので、日本の会社だと思っていた人もいるのではないでしょうか?

P&Gは略称で、省略しないとプロクターアンドギャンブルになります。

 

ユナイテッド・テクノロジーズ

航空宇宙分野や軍事分野のメーカーです。一種のコングロマリット(複合企業)です。

ユナイテッド・テクノロジーズの1部門であるプラットアンドホイットニーはスペースシャトルのエンジンも作っていました。

 

 

IT・コンピュータ・通信

アップル

大手のコンピュータ企業です。

言わずと知れたiPhoneを作っている企業です。Macも有名ですね。コンピュータ黎明期にはApple IIというコンピュータを開発し、これも世界的なヒット商品になりました。

実はダウ平均に採用されたのは最近の話で、2015年のことです。

 

シスコシステムズ

世界最大のコンピュータネットワーク機器メーカーです。

スマポやパソコンなどの、日常的に触れる機器を作っているわけではありませんが、現在ではなくてはならないインターネットの仕組みを支えるネットワーク機器を作っています。

 

IBM

大手のコンピュータ・IT企業です。

IBMは略称で、インターナショナルビジネスマシーンズと言います。コンピュータ黎明期からの企業で、基礎研究にも力を入れ、アメリカの特許取得件数でNo.1です。また、IBMの社員からノーベル賞受賞者も出ています。

 

インテル

大手の半導体メーカーです。

コンピュータの頭脳であるCPUが有名です。インテル、入ってるというCMも有名かもしれません。

 

 ベライゾン・コミュニケーションズ

大手の通信事業者です。

日本で言えばNTTのようなものでしょうか?世界最大級の通信ネットワークを保有しています。